top of page

炊飯器でチャーシュー

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院の八木裕太です。




チャーシュー、煮豚、角煮・・・



大体作り方は長時間にわたり豚肉を茹で、黒糖だのなんだの多い調味料。。。



レシピ本通り作っても「これはあっているのか・・・?」と首を傾げたくなる出来栄え



中の人がたどり着いたのがこの作り方と言っても自分で編み出しだわけじゃございません



公益社団法人日本中国料理協会さんのこの作り方



この作り方は本当に失敗しません。正直感動致しました。



動画をみていただくのがいいのですが、作り方はこんな感じ


【食材】 豚肩ロース(500g)、青葱(適量)


【調味料】 水(100㏄)、酒(100㏄)、醤油(大6)、砂糖(大4)、 みりん(大3)

にんにくチューブ(1㎝分)、ショウガチューブ(1㎝分)

分量外:醤油(適量)


【作り方

①豚肉をフォークで刺し味が入りやすくする。

②肉に醤油をまぶし、フライパンで表面を焼く。→省略可

③炊飯器に調味料をすべて入れ、混ぜあわせる。

④肉を入れ、青葱を乗せる。

アルミホイルで落し蓋をし、炊飯スイッチを入れる。→クッキングシートでもできます。

⑤「炊飯」が終わったら肉を取り出し、切り分けて皿に盛りつける。

⑥チャーシューに煮汁をかけ回し、完成。


ぜひ作ってみて下さい。






やぎ鍼灸接骨院


住所:町田市木曽東4-17-1 2F

電話番号:042-794-6142


営業時間:日~火・木~土(祝含) 9:00~19:00

最終受付:19:00

定休日:水曜日

アクセス 神奈中バス 木曽住宅下車して徒歩2分


予約・お問い合わせはこちら https://www.yagihari.net/book-online

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏なので②(不思議な話)

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)の八木裕太です。 前回のお話はこちら 今回のお話は私の知人が体験した話。 当時の私は柔道整復師の資格を取るために学校に通っていました。 その時のクラスメイトから聞いた話、知人をSさんとします。 当時の話を思い出しながら書いていくので間違いの描写もあると思いますが、それは脳内補完等で補ってください。 ご了承くださいませ。 当時のSさんはある工事現場の現場監督を

夏なので(不思議な話)

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)の八木裕太です。 夏なので2回に分けてそれぞれ別の不思議な話をさせて頂こうかと思います。 自分の体験した話と知人が体験した話をお届けします。 今から30年位前の話です。 こが体験した話というか本当に短い話ですが・・・ 当時はとある片田舎の周りは田んぼと畑に囲まれた所に住んでいました。 その時も今みたくすごく蒸し暑かったのを覚えております。 当然今よりは涼しか

Comentarios


bottom of page