top of page

炊飯器でチャーシュー

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院の八木裕太です。




チャーシュー、煮豚、角煮・・・



大体作り方は長時間にわたり豚肉を茹で、黒糖だのなんだの多い調味料。。。



レシピ本通り作っても「これはあっているのか・・・?」と首を傾げたくなる出来栄え



中の人がたどり着いたのがこの作り方と言っても自分で編み出しだわけじゃございません



公益社団法人日本中国料理協会さんのこの作り方



この作り方は本当に失敗しません。正直感動致しました。



動画をみていただくのがいいのですが、作り方はこんな感じ


【食材】 豚肩ロース(500g)、青葱(適量)


【調味料】 水(100㏄)、酒(100㏄)、醤油(大6)、砂糖(大4)、 みりん(大3)

にんにくチューブ(1㎝分)、ショウガチューブ(1㎝分)

分量外:醤油(適量)


【作り方

①豚肉をフォークで刺し味が入りやすくする。

②肉に醤油をまぶし、フライパンで表面を焼く。→省略可

③炊飯器に調味料をすべて入れ、混ぜあわせる。

④肉を入れ、青葱を乗せる。

アルミホイルで落し蓋をし、炊飯スイッチを入れる。→クッキングシートでもできます。

⑤「炊飯」が終わったら肉を取り出し、切り分けて皿に盛りつける。

⑥チャーシューに煮汁をかけ回し、完成。


ぜひ作ってみて下さい。






やぎ鍼灸接骨院


住所:町田市木曽東4-17-1 2F

電話番号:042-794-6142


営業時間:日~火・木~土(祝含) 9:00~19:00

最終受付:19:00

定休日:水曜日

アクセス 神奈中バス 木曽住宅下車して徒歩2分


予約・お問い合わせはこちら https://www.yagihari.net/book-online

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

鍼灸の歴史と文化: 古代の知恵が現代の健康に影響を与える

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)の八木裕太です。 今日は鍼灸の歴史と文化について探求してみたいと思います。 古代から続くこの叡智が、現代の健康にどのような影響を与えているのか、一緒に見ていきましょう。 古代の知恵からの発展 鍼灸は、古代中国で始まりました。 その起源は、人々が身体の不調を治療するために自然界から得られるリソースを活用することにあります。 鍼は身体の特定のポイントに刺激を与え

妊娠中の坐骨神経痛:原因と対処法

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)の八木裕太です。 妊娠中に多い坐骨神経痛の原因等を書いてみました。 良かったら読んでみて下さい。 まず坐骨神経痛とは・・・? 坐骨神経痛は、坐骨神経が圧迫されたり刺激されたりすることで引き起こされる症状です。以下は、坐骨神経痛の一般的な症状です。 腰から足にかけての痛み: 坐骨神経痛の特徴的な症状は、腰やお尻から足にかけて放射状に広がる痛みです。この痛みはし

花粉症対策:鍼灸の効果とそのメカニズム

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)の八木裕太です。 花粉症は、春先になると多くの人々に影響を与える、鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こす身近なアレルギー疾患です。 この季節的な苦痛から逃れるために、多くの人々が様々な対策を試みていますが、その中でも鍼灸療法は注目される一つです。 鍼灸療法とは 鍼灸療法は、中国の伝統的な医療技術であり、鍼(はり)を用いて特定の経絡やツボに刺激を

Commentaires


bottom of page