国家資格を取得する必要はありますか?

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院の八木裕太です。



ある方からこんな質問を頂きました。

Q:「この職種に就くのに国家資格は必要なのでしょうか?」

端的にお答えすれば「必要です」

この職種というのが「接骨院」なのか「鍼灸院」なのかはたまた「両方」なのか、それとも「整体」なのかこの職種と一口に言っても多種多様な活躍の場があると思います。

まず、接骨院(整骨院)では柔道整復師の資格が必要ですし、鍼灸院でしたら「鍼師」・「灸師」の資格が必要となってきます。これらは国家資格といって3年間は学校に通って国家試験を受けて合格しそこでスタートラインに立てるのです。

整体をやりたい場合は民間資格になると思いますが、独学で技術を習得される方や学校に通って取得される方がおります。(色々とある為、詳細な情報はお手数ですが検索をしてみて下さい)

また、整体の場合は国家資格を取得した後に勉強される方もおります。

(私自身もその一人です)

若輩者の私が唯一言える事があるとすれば「国家資格を取るにしてもその他の資格を目指すにしても取得してからスタートになりそこから知識と技術の向上の為に努力をする必要がある」これだけです。話が脱線致しましたが、何となくでも伝わったら嬉しいです。




やぎ鍼灸接骨院


住所:町田市木曽東4-17-1 2F

電話番号:042-794-6142


営業時間:日~火・木~土(祝含) 9:00~19:00

最終受付:19:00

定休日:水曜日

アクセス 神奈中バス 木曽住宅下車して徒歩2分


予約・お問い合わせはこちら https://www.yagihari.net/book-online

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院の八木裕太です。 前回では「鍼(はり)は痛いの?」に触れてみました。 (③ 鍼(はり)は痛いの?) 今回はお灸は熱いの?に触れてみたいと思います。 お灸って熱いんでしょ?って結構な頻度で聞かれるのですが、熱くないようにする技を駆使して「暖かい」にする事を意識しています。 一般的なお灸で使用されるのが艾(もぐさ)というのですが、これはサイズと捻り方(お灸として使うサイズに整

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院の八木裕太です。 前回では鍼灸の歴史をものすご~くざっくりとご紹介をしてきましたが(そもそも鍼灸って ?)今回はタイトルの通り「鍼灸院には何を目的に行ったらいいの?」です。 以前鍼灸院に初めてお越しになった方に「どんな症状で行っていいのかわからない」と尋ねられたこともあるので皆様予想以上に何をするところなのよって感じなのだと思います。 原因や症状によっては病院の方が適切な