top of page

保険適用の違いで、鍼灸と柔整(接骨院)の違いを解説します②

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)の八木裕太です。




前回の記事をご覧いただき、ありがとうございます。



今日はその前回の話題について続けさせていただきます。



皆さんの中には、何となく腰が痛いと感じるけれど特に明確な理由がなく、それでも保険を利用して整骨院や接骨院に通っている方もいらっしゃるかもしれませんね。



しかし、厳密に言えば、これは「不法」とされています。



なぜなら、前回の記事でもお伝えしたように、急なケガに限って保険を使うことができるとされているからです。



具体的には、急なケガで、発生から2週間以内に原因が明確なものに限られます。



たとえば、昨日階段に躓いて転んで足首を負傷したようなケースですね。



では、鍼灸院に通っている方で、いつの間にか痛みが出てきたけれども保険適用外だと感じている方はどうでしょうか?



その方々が最初に直面するのは、お医者さんの同意書を取得する難しさでしょう。







当院の患者さんの中にも、同意書を取得するために何度もお医者さんにお願いしたという方が少なくありません。



おそらくお医者さんの中には、「何の根拠もない鍼灸院に同意書を出すわけにはいかない」と考える方もいるでしょう。



これは推測ですが、一般的な感覚ではあります。



ただし、もしも慢性的な症状で保険を利用したい場合は、ぜひ当院にご相談ください。

お待ちしております!





やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)

住所:町田市木曽東4-17-1 2F

電話番号:042-794-6142

営業時間:日~火・木~土(祝含) 9:00~21:00

最終受付:18:00

定休日:水曜日

アクセス 神奈中バス 木曽住宅下車して徒歩2分

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

※追加⇒トークよりメッセージを送信ください

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏なので②(不思議な話)

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)の八木裕太です。 前回のお話はこちら 今回のお話は私の知人が体験した話。 当時の私は柔道整復師の資格を取るために学校に通っていました。 その時のクラスメイトから聞いた話、知人をSさんとします。 当時の話を思い出しながら書いていくので間違いの描写もあると思いますが、それは脳内補完等で補ってください。 ご了承くださいませ。 当時のSさんはある工事現場の現場監督を

夏なので(不思議な話)

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院(町田木曽院)の八木裕太です。 夏なので2回に分けてそれぞれ別の不思議な話をさせて頂こうかと思います。 自分の体験した話と知人が体験した話をお届けします。 今から30年位前の話です。 こが体験した話というか本当に短い話ですが・・・ 当時はとある片田舎の周りは田んぼと畑に囲まれた所に住んでいました。 その時も今みたくすごく蒸し暑かったのを覚えております。 当然今よりは涼しか

Comments


bottom of page