どんな服装で施術を受けたらよいでしょうか?

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院の八木裕太です。




初めて鍼灸を受けられる女性の方がからこんな事を聞かれました。

Q:どんな服装で行ったらよいのでしょうか?

A:膝から下が出せる格好でしたらどんな服装でも大丈夫です。

当院に限った事になりますが、私の鍼灸は膝からしたと肘から先に鍼とお灸をすることが多くございます。その為、膝から下が露出できれば一切問題はありません。

場合によってはその限りではありませんが、腰や背中が捲れる様な格好では更にGOODです。

最後の結びになりますが、余り服装はお気になさらないでください。

折角、足を運ぼうと思ってもそういった部分で躊躇してしまうのが勿体ないので思い思いの服装で是非ご来院下さい(笑)

鍼とお灸以外にも治療する方法は御座いますので大丈夫です。




やぎ鍼灸接骨院


住所:町田市木曽東4-17-1 2F

電話番号:042-794-6142


営業時間:日~火・木~土(祝含) 9:00~19:00

最終受付:19:00

定休日:水曜日

アクセス 神奈中バス 木曽住宅下車して徒歩2分


予約・お問い合わせはこちら https://www.yagihari.net/book-online

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院の八木裕太です。 前回では「鍼(はり)は痛いの?」に触れてみました。 (③ 鍼(はり)は痛いの?) 今回はお灸は熱いの?に触れてみたいと思います。 お灸って熱いんでしょ?って結構な頻度で聞かれるのですが、熱くないようにする技を駆使して「暖かい」にする事を意識しています。 一般的なお灸で使用されるのが艾(もぐさ)というのですが、これはサイズと捻り方(お灸として使うサイズに整

こんにちは、やぎ鍼灸接骨院の八木裕太です。 前回では鍼灸の歴史をものすご~くざっくりとご紹介をしてきましたが(そもそも鍼灸って ?)今回はタイトルの通り「鍼灸院には何を目的に行ったらいいの?」です。 以前鍼灸院に初めてお越しになった方に「どんな症状で行っていいのかわからない」と尋ねられたこともあるので皆様予想以上に何をするところなのよって感じなのだと思います。 原因や症状によっては病院の方が適切な