​こんな症状はありませんか?

・足が痺れる様な感じがする

・立っていると足に痛みが生じ立っているのが困難

・歩行の最中にお尻周りに違和感があったり痛みがある

坐骨神経痛かも?

一口に坐骨神経痛と言ってもこの言葉は「頭痛」や「肩こり」の意味合いに近いのです。

腰から出ている「坐骨神経」は腰からお尻を通って太ももの後面をつたい、枝分かれをしながら下肢までいく長い神経なのです。

その神経がどこかで(多くはお尻や腰)障害を受け痛みや違和感等がでる事を総じて坐骨神経痛と呼びます。​

当院では特に坐骨神経痛の中でも「梨状筋症候群」に対して積極的に鍼灸施術を導入し症状の改善を促していきます。

​目安としては60分の施術週1度を通っていただき5回±1回で概ね症状は改善されると思います。

​梨状筋症候群とは?

​お尻は複雑な動きをする為に多くの筋肉が一カ所に重なって存在します。その中の一つに「梨状筋」と呼ばれる筋肉があるのですが、その筋肉が何らかの原因(使い過ぎ等により

筋肉の柔軟性が無くなる)により硬くなっていたりすると梨状筋の下を通る坐骨神経を圧迫し症状を引き起こします。

どんな事をするの?

掲載している写真は灸頭鍼(きゅうとうしん)という鍼灸の技法の一つなのですが、これを症状が強く出ている場所に行っていきます。

​当院の実績では60分の施術×5回±1回で改善に向かっていく事が多いです。​